• jun

石川雲蝶


すごいものを見てきました。。

越後のミケランジェロと呼ばれる、石川雲蝶さん。

1814年生まれ、江戸時代の彫物師です。


この天女様?の指が。。 ああ。。天才だ。。 美しすぎる。。



ちょっとすごすぎちゃって、前に立った瞬間、ゾワワワワワーと鳥肌が立ちました。


魚沼市 西福寺開山堂


このお堂の中がまた。。とんでもない世界が広がっているのです。

新潟行かれたら是非、一度その目で見てきてください。

魂って全然宿るんだなと思うと思います。

腸炎で全く食べられなかった反動で、この日の朝も塩沢産の新米を旅館で4杯食べましたw

お料理、美味しかったのに、米が、、米がうますぎて。。。。米の記憶しかござらぬ!

昨日は『運命に、似た恋』の3話でしたね、、 毎回要所要所でなんだそりゃあ!!と悶絶しながら見ています。

お姫様なんで って言ったよね。。 言ったよね。はあーん なんで北川先生はこんなセリフが書けるんだ

そんな訳で元気になりました。

JUN


0回の閲覧
  • Twitter Classic
  • Facebook Classic