• jun

今見た夢のはなし


不思議な夢を見た。

その世界は闇色で、太陽の昇らない世界

虹は長い間鉄骨で封印されていた。

突然、虹を封印していた鉄骨が壊れ始めて

すごい光を放ちながら虹が解放されていく


そこから青空が染み出して、世界に光が帰ってきた。

大きなテンプルから神様が生えてきて、世界に4000羽の白い鳩を飛ばす


各地で岩の神様や森の神様が目覚め始めて、闇色で荒れ果てた世界をもう一度作り直し始める

神様はとても大きい。

遊ぶように山を作り、森を作り、海にでーんと倒れたりしながら土地の高さを決めていく

すごいスピードで森ができて木が育っていく

あっと言う間に世界が美しい星に生まれ変わった。

神様方は子供に姿を変えて手をつないで遊び始めた。

人間らしき生き物たちは宇宙船に乗せられて強制退去になった。別の星へ行って人間だけで暮らすらしい

動物と人間は分かれて暮らすことになった。

この星は動物たちで溢れた。

ライオンが高い丘の上、青空の下で風に吹かれている

映画みたいな夢だったので忘れないうちに書いておく。

おはようございます


2回の閲覧
  • Twitter Classic
  • Facebook Classic